ドメインはどのサイトにも必ずあるものです。しかし、Googleの検索順位で上位表示を狙うなら、どのようなドメインを使用するかも大きく関わってくるんです。ドメインを甘く見たら確実に失敗しますよ。

失敗しない為にも良いドメイン選定を推奨する社会

有効なドメイン活用術と逆効果なケース

新規サイトを立ち上げる上で、ドメインを選ぶ際にSEO対策に有効な方法のひとつに、中古ドメインを活用するというものがあります。新規ドメインに比べて、Googleなど検索エンジンにクロール(認知)されて、インデックス処理がなされる期間を短縮できる有用性の高い方法。中古ドメインは、その性質上、最低でも1年以上は運用されていた実績があるため、新規サイトですら既にクロールされた状態になるためです。また、検索エンジンの傾向として、検索したユーザーに有益な情報を与えるサイトを判断する材料に運用歴も加味しているため、そういった「時間」の短縮が図れる有益なデバイスとなりうるのです。
また、中古ドメインの最大のメリットとしては、ページランクの高いサイトに使用されていた場合、そのドメインのランキング順位・評価がそのまま新規サイトに引き継がれるという点が挙げられます。つまり、運用して1ヶ月たたない間に高順位の結果をたたき出すことが可能な訳です。更に、被リンク数が多かった場合、こちらも引き継ぐことができるため、そういった点も検索エンジンからの評価を上げることができて、より検索結果の順位表示に有利に働きます。
しかし、そういったメリットの裏でデメリットも存在します。前回の所持者のページランクの評価を引き継げたとしても、ある日前回の所有者のページと現在のサイトが別物である、と検索エンジンが認識してしまった場合、ページランクが降下し、同時に検索結果の順位表示もランクダウンしてしまいます。
更に、そのドメインが過去に何かしらのペナルティを受けていた場合、その長い運用歴やページランクの高さをもってしても、ランク上位に返り咲くことは厳しくなります。高ランクを目当てに高額のドメイン代金を支払ったのに、逆効果となってしまうこともあるのです。ペナルティに関しては、無料ツールで簡単に調べられるため入念にチェックしましょう。