ドメインはどのサイトにも必ずあるものです。しかし、Googleの検索順位で上位表示を狙うなら、どのようなドメインを使用するかも大きく関わってくるんです。ドメインを甘く見たら確実に失敗しますよ。

失敗しない為にも良いドメイン選定を推奨する社会

広告になるドメインの重要性について

個人的に事業を展開している時、ビジネスの現場で相手に差し出す名刺などに記載されているメールアドレスなどがフリーアドレスの場合は、仕事を進めていく事が不利になる恐れが高いです。
そこで、事業の立ち上げと同時に済ませるべきなのはオリジナルのドメインを取得するという事です。
独自の物ではない場合は、自分の事業とは無関係のワードが含まれているので覚えにくい上に、無機質なアドレスを見ただけではクライアントから思い出して頂く事は困難です。
しかし、独自ドメインを手に入れるとそういった問題は全解決できるようになります。
しかも、アットマークの以後は会社名にして、アットマークの以前を部署や担当の名前にしておけば、相手先が問い合わせなどのメールを送信する場合に逐一確認しなくても良くなります。
こうしたメリットを知ると、独自ドメインというのは見た目をクールな印象にするだけのものという理解をする方も居るのですが、実際は実用性が高く業務を円滑にするためには非常に重要性が高いです。
特に、プロバイダなどから配布されるものをそのまま利用していると、プロバイダの一方的な都合により突然使用不可になり大勢の方々に迷惑をかけるリスクがあります。
変更に関する旨の連絡をして登録し直して頂くのは忍びないですし、中には情報を置き換えてくれない可能性も含んでいます。
ただし、自社のドメインなら外部の一方的な都合により振り回される事はありません。
このような点からわかるように、ドメインというのは個体識別のための単なる文字列ではなく、一種の広告と言っても過言ではないのです。
そのため、プロモーション費として計上した上で取り扱いしても良いでしょう。